2004年10月27日

超個人的音楽評−君繋ファイブエム

[ASIAN KUNG-FU GENERATION]

ニューアルバム「ソルファ」がオリコン初登場1位を記録したアジカンの前作「君繋ファイブエム」の感想を書きます。
え?なんで「ソルファ」の感想じゃないかって?

まだ買ってないからです。

アジカンといえばコピーコントロールディスクの無知ぶりを晒し物議を醸したバンドですが、その後ソニーがごり押しするコントロール議論をタブーとせず公式BBSで意見を集め真剣に問題と向き合った事には非常に好感が持てます。
結論は「コントロールを入れたくないがちっぽけな新人アーティストとレコード会社の力関係では意見が通らない」でした。
シングル数作がコントロール付きとなりますがiPodブームによりソルファから一般CDでのリリースです。君繋も一般CDなのでアルバムだけなら忌まわしきコントロールを回避できます。是非。
ちなみに2003年末幕張メッセでのCOUNT DOWN JAPANで演奏を聴かせていただきましたが正直上手くはないです。撮影禁止なのにファンがフラッシュぶっ放す非常に楽しいライブでしたよ♪

ちょっと紹介が長くなりましたが感想をば。
まず1回聴いてみて合わないと思った方やめた方が賢明です。
アジカンの最大の売りは取っつきやすさとノリの良さなので合わない人には合いません。何回も聴いたら味が出てくるスルメ型ではないと思います。
全体的に良くまとまっていて聞きやすく出来がよいのですが

何となくパクリ臭がします。

彼らが好きな音楽に対して影響を受けすぎている感じなんです。
ラジオで彼らがリクエストした洋楽(タイトル失念)と4:アンダースタンドがよく似ていたり、12:ノーネームはGOING UNDER GROUNDな感じがします。
ちなみにアジカンインディーズ時代にGOINGの「かよわきエナジー」を聞き偉く感動したというエピソードを言っていたりすることから影響関係がわかります。
8:N.G.Sに至ってはそのままNG=NUMBER GIRLなんだそうです。
曲もそのままじゃないか!と思いNUMBER GIRLのCD引っ張り出して聴くと

そのまんまかと思いきや違う!

NUMBER GIRLと違いやっぱりアジカンの長所である取っつきやすさが有るのです。
既存曲のエッセンスを上手く取り出した上に彼らなりのセンスが乗っかっていると実感させられた次第でございます。

「ソルファ」では音楽性が進化したらしいのですが収録されている自信満々の一曲「サイレン」は何となくGRAPEVINEっぽいかな?
買ったら「ソルファ」評もいつか。

2004年10月その他のエントリー

  1. 2004年10月23日

    1. 鹿島の本田がフーリガンにボコボコにされる

    2. ダンロップのデジタイヤ

  2. 2004年10月22日

    1. 新球団のチーム名は「東北楽天ゴールデンイーグルス」

    2. 一場投手はオーナーキラー

  3. 2004年10月21日

    1. 「社会的制裁」って何?

    2. 危険運転致傷で男に懲役4年6カ月の実刑 札幌地裁判決/北海道新聞